› アニマルボンド › 2013年06月22日
☆★☆★☆★☆ ★☆譲渡会情報★☆★☆★☆★☆★☆★


10月21日(日)譲渡会@みやざき動物愛護センター(清武町)  11:00~13:00 ●猫のみの参加です





譲渡会にご来場の方は時間厳守でお願いいたします。
犬猫の体調により早めに終了することもあります。



==== 犬猫を譲受希望の方へお願い ===
必ずリード、ケージやキャリーバックをご持参ください。
また、譲受ご希望の方は手続きが必要な為、譲渡会終了時刻の
30分前までにはお越しください。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆
保護犬猫の病院への送迎ボランティアや預りボランティア,
譲渡会のお手伝いをしてくれる方を募集しています。
年会費6000円の賛助会員様を随時募集しています。
ご協力いただけます方は
  animalbond04@yahoo.co.jp まで
お名前ご住所等をお知らせ下さい

☆支援物資の送付先
880-0835
宮崎県宮崎市阿波岐原町坊ノ下2895-1
アニマルボンド宛
☆寄付のお振り込み先
宮崎銀行:大島支店
普通口座60430
口座名:ANIMAL BOND 代表 ゴトウ ミネコ

ゆうちょ銀行 店名:七三八 店番:738
普通預金 口座番号:0386532
  アニマルボンド
  ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆

2013年06月22日

レスキューしました。

レスキューしました。

犬のレスキューが、なかなか厳しい中、期限は明日までということで迷う暇無くレスキューしました。



このシェパードは飼い主の持ち込みです。

理由は「皮膚病で治療を続けたが良くならない。可哀想だから」。

身体中膿だらけの状態で10年間一緒に過ごした飼い主に見放さたのです。

皮膚には大きな穴がたくさん空いていて、たしかに皮膚の状態は酷かったです。

とても痛々しかったです。

この子にとって管理所での日々がどんなに辛いものだったか・・・。

この子に出来る限りの治療をして、残りの犬生をのんびりと過ごさせてあげたかった。

しかし、治療に入る前の診察の結果、心臓がかなり肥大しており、いつ突然死してもおかしくない状態であることがわかりました。

病院に預け、翌日詳しい検査に入る予定になりました。

翌日、検査に入る直前恐れていた事態が起きてしまいました。

心肺停止・・・直ぐに蘇生しましたが、この子は戻ってきませんでした。

レスキューしてたった半日でした。

もう、激しい痒み・痛み・・・何より・・・悲しみに耐えなくていいんだね。

苦しまなくていいんだね。

救ってあげられなくてごめんね。

辛いお話ですが、多くの多くのみなさんにこんな子がいたことを知ってほしいと思いました。




同じ日レスキューを決めた子がもう1頭いました。

この子も全身皮膚の状態が悪く、判定には合格は無理だろうと判断しレスキューしました。

ガリガリに痩せています。

まったく医療行為も施されていないようで、疥癬が悪化しています。



とても穏やかな性格で人懐こい子です。




最後に・・・保護場所が無くメルティ、ラガーを預かり母さんにお願いしっぱなしです。

「次ぎの子達をレスキューし申し訳ないです」と、伝えたところ叱られました。

『そんな事気にしてないでレスキュー出来る子はレスキューしてあげて』と。

協力して下さる方がいるからこそ私達は犬猫をレスキューすることが出来るのです。

ありがとう
母さん

ありがとう
サポーターさん
  
タグ :シェパード


Posted by アニマルボンド at 13:04Comments(0)レスキュー報告