› アニマルボンド › レスキュー報告
☆★☆★☆★☆ ★☆譲渡会情報★☆★☆★☆★☆★☆★

10月21日(土)フリマ&譲渡会@フローランテ宮崎
10時〜16時
当日入園料は無料です。
詳しくは下記フローランテ宮崎のイベント情報をご覧ください。
http://www.florante.or.jp/garden/garden/aki2017/index.html

21日は、日曜でなく土曜日ですのでお間違えのないように!



ご来場の方は時間厳守でお願いいたします。
犬猫の体調により早めに終了することもあります。


==== 犬猫を譲受希望の方へお願い ===
必ずリード、ケージやキャリーバックをご持参ください。
また、譲受ご希望の方は手続きが必要な為、譲渡会終了時刻の
30分前までにはお越しください。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆
保護犬猫の病院への送迎ボランティアや預りボランティア,
譲渡会のお手伝いをしてくれる方を募集しています。
年会費6000円の賛助会員様を随時募集しています。
ご協力いただけます方は
  animalbond04@yahoo.co.jp まで
お名前ご住所等をお知らせ下さい

☆支援物資の送付先
880-0835
宮崎県宮崎市阿波岐原町坊ノ下2895-1
アニマルボンド宛
☆寄付のお振り込み先
宮崎銀行:大島支店
普通口座60430
口座名:ANIMAL BOND 代表 ゴトウ ミネコ

ゆうちょ銀行 店名:七三八 店番:738
普通預金 口座番号:0386532
  アニマルボンド
  ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆

2017年03月16日

【緊急】皆様へご寄付ご協力のお願い

3月5日と12日の
譲渡会報告も未だ
お伝えしできぬままで
大変申し訳御座いません。
ただいま編集中です。

今日は譲渡会の報告の前に
皆様に緊急のお願いがございます。


詳しいことはまだ
お伝えできませんが

仔犬を産んで母犬が
亡くなりました。

出産何日後に亡くなったかはわかりませんが
仔犬達はまだ目が開いていません。

保温とミルクをしっかりやって
無事に育ってくれたらと思います。

いつもお願いごとばかりで申し訳ありません。
緊急です。

ミルクとペットシートのご寄付をお願いします。


物資の送付先は下記住所まで・・
〒880-0835 
宮崎市阿波岐原町坊ノ下2895−1
アニマルボンド

ご連絡は下記yahooメールまで・・
animalbond04@yahoo.co.jp








よろしくお願いいたします。
  

2016年11月12日

11月6日(日)譲渡会のご報告です。

ブログ担当ボランティアKです。

11月6日(日)に行われた
宮崎保健所正面玄関前譲渡会のご報告です!

今年ももう11月に入り年の終わりを感じる暦になりました。
そのせいもあってか、一週間があっという間です。
6日の譲渡会は、近くでイベントが行われていて
譲渡会の案内チラシを置かせていただくことができ、
おかげさまでたくさんの方々が足を運んでくださいました。
ほんとうに賑やかな譲渡会でした。
ご来場くださった皆様ありがとうございました。

ではこの日の譲渡会の様子
いい出会いがあるといいなぁ〜〜〜♥

そしてこの日、
トライアル&譲受の決まった子たちです!

トライアル決定は、

かわいいかわいいひまちゃん!

そして
Tさんが預かってくださっていた子猫ちゃん!
トライアル、いい子で頑張ってね!

そして譲受先の決定の子です!
殺処分予定からのレスキュー。Rさん保護のももかちゃん!
しあわせをしっかりと掴みましたよ!
正式譲受の決定です。本当に良かった!
ありがとうございます!


そして譲渡会に参加した子たちです!
背筋きりり! 運命の出会い待っています!


真正面からもいいお顔なんですよ!
直接会いに来てね!


子にゃにゃ にゃ! 毛色も素敵な子です!


この見つめる感じ たまりませんっ!


きれいなキジ柄の猫ちゃん!まだ子猫ちゃんですよ!^^

ケージに書かれてるようにキジ君は遊ぶの大好き!
写真を撮るためにジャラシ攻撃!^^うん!ナイスです!


         ↑
「お母さん猫」 子猫を気にしてるのかな??

「子猫たち」 ヤンチャ盛り! 子猫はジャラシに夢中!!^^
         ↓


一度見たら忘れられない顔柄のかわいい子です!


秋の空を眺め・・「季節も変わったなぁ〜」・・・そんな表情かも。


 

そして「さらん」と「ニャン太郎」
兄弟ではないけど黒猫ちゃんです。
この紹介は、ボランティアさんが譲渡会では見れない
この子達の日常をまとめてくださっています。

そして、
賛助会員へのご加入・募金箱・ご寄付・差し入れのご報告です。

◉Uさま、賛助会員へのご加入本当にありがとうございました。
   保護犬、保護猫の治療費などに大切に使わせていただきます。

木城町川原にある
   募金箱を置かせていただいており
   この度、集めていただいた募金を頂戴いたしました。
   本当にありがとうございました。

◉あたたかいご寄付です
ぺっちちゃんの勤務先の上司Nさまから
これからの季節に嬉しいです!
大切に使わせていただきます!ありがとうございます。

キャバリアのグレイスちゃんを看取ったお父様より
グレイスちゃん愛用のお品を数々頂戴しました。
お空のグレイスちゃんの想い 大切に頂戴いたします。
ありがとうございました。

そしてNさまから
たくさんのペットシートやおむつなど
消耗品はほんとうに助かります。
ありがたく使わせていただきます。

Aさまから
犬用のサークルをいただきました。
あると助かるお品だけにありがたく使わせていただきます。
ありがとうございました。

◉この日いただいた差し入れです
預かりボランティアのNさんから
美味しいバームクーヘン!ありがとうございました!

たぬきさんからお菓子を頂戴しました!
ありがとうございます!

たぬきさんは、野良猫を捕獲器で捕獲し、避妊をし地域猫として
見守ってくださっています。
このように地域猫が増え、野良猫がしあわせに生きていけるように
なることは とても大切ですっ!

地域猫活動の一環として捕獲器を必要な方はアニボンまで是非
ご相談ください。


預かりボランティアのTさんから
黒猫のラングドシャいただきました!
いつもかわいいお菓子、ありがとうございます。

野良猫をなんとか助けたい!と
ご相談にお見えになったMさまより
お菓子を頂戴しました。ありがとうございます。

ほんとうに皆様 
いつもいつもあたたかいお気持ちをたくさんありがとうございます。

レスキューした黒猫ちゃん!
とても痛々しい写真ですが・・・(写真は病院からお借りしました)
この子は
保護した際、首に大怪我をしていました。
ここまでになるには、相当の痛みがあったはずです・・・
傷は場所的になかなか治りにくいのですが

何度か縫合を繰り返し元気になるまでアニボンで
治療を続けていきます。

傷も癒え、元気になった暁には
新しい家族に迎えてもらいしあわせになってもらいたいと願っております。
こんなに目の綺麗なかわいい子です!
是非、気になる方、ご家族に・・・と思われた方は
アニマルボンドまでご一報くださいますように。
animalbond04@yahoo.co.jp

そしてアニボン卒業生のその後のご報告いただきました。
5月に新しい飼い主さんに迎えていただいた黒猫むぎちゃん!
無事避妊手術が終わりました!と連絡をいただきました。
むぎちゃん!よく頑張りました!
写真のキジ猫ちゃんは
ボランティアYさん保護の保護猫ちゃん。
保護猫ちゃんを迎えてくださりありがとうございました。
2匹は本当になかよさそう!! 今年の冬はあったかだね!
これからもしあわせにね!


では、またこんなしあわせな卒業生をたくさん輩出すべく
次回の譲渡会のご案内です。

11月13日(日)宮崎市保健所正面玄関前にて
13時〜15時です。
少し肌寒い季節になりましたので
お越しの際は、あたたかい服装でお越しくださいっ!

======= 譲受をご希望の皆様へお願い=======
犬を譲受ご希望の方は必ずリードをご持参ください
猫を譲受ご希望の方は必ずケージやキャリーバックを
ご持参下さい。

皆様方へ物資ご支援へのご協力をお願い申しあげます

〜冬の季節を前に〜
アニボンでは
犬猫用の毛布のご寄付をお願いします。
できれば犬用はジュニア毛布くらいの大きさ
またはカットしていただけたら幸いです。

そのほか
ペットシートも不足いたしております。
ワイドサイズ ・ レギュラーサイズ
どちらでも構いませんっ!

何卒よろしくお願い申しあげます。

物資などのご連絡もyahooメールまで・・
animalbond04@yahoo.co.jp


朝夕、かなり冷えてまいりましたので
みなさま、お風邪など召されませんように・・・
  

2016年08月18日

スペアリブ

こんにちは。

ボランティアRです。

暑いですが、秋の気配も感じられるようになった気がします。

。。。ということは、春の仔猫が終わらないまま秋の仔猫に突入するのか!?と恐々です((+_+))

遅くなりましたが、スペア&リブのレスキュー報告を。



まず初めにお断りを。
今回のブログは判定とそれを司る行政を否定するものではありません。既存の『判定』というものを必要にしているお迎えに来ない飼い主や簡単に犬猫を棄てる人の溢れる社会を強く否定するものです。

7月に判定の方法が変わりました。

判定は木曜日でしたが、火曜に1次判定、そこで合格となったコたちだけが水曜の2次判定に進み、最終判定を受けるということになりました。

それをレスキュー活動をしている愛護団体は・・・知らされていませんでした。

毎週毎週木曜というタイムリミットに向けて、助けるつもりで動いています。

ほとんどが助けられないまま終わってしまいますが・・・それでもわずかな希望を持って取り組んでいます。

この富田浜公園捕獲のスペア&リブシスターズを預かってもいいですよというボラTさんの申し出があり・・・スタッフYさんが心配だから早めに保健所の人に伝えておこう・・・「今週も木曜ですか?」「いや・・・」という流れがあって知ることになりました。

木曜日のつもりでいたらと思うとぞっとします。

そして、更なる衝撃が私たちを襲いました。



この6ヶ月齢の姉妹は判定に落ち、殺処分になる予定でした。

体重それぞれ7.2kgと5.75kgしかないこの小さな姉妹は判定に落ち、殺処分になる予定でした。

仔犬は判定合格するという宮崎の愛護は崩れ去りました。

「人馴れしていない」が大きな理由だったそうです。

管理所に迎えに行って、車に乗せしばらく走ったころ、この2匹には大いに人の手がかかっていると確信しました。

ちなみにこれで馴れていないなんて正真正銘の野犬だったアルルに失礼です。

(おっと、アルルに流れ弾。ごめん。)



このコたちはある日突然棄てられたのだとすぐに・・・わかりました。

不安で怖くて、怖い思いをたくさんして人を警戒するようになってしまったのだと・・・わかりました。

幼いきょうだいたちはどんな思いで寄り添って過ごしていたかと思うと、棄てた人に対する怒りを堪えられません。

あとはこの動画を見て、みなさんの目で「判定とは」という答えを見つけてください。

レスキュー1時間後の2匹


レスキュー2日後のリブ


すっかり預かりTさんに馴れて甘えている、まだあどけない2匹を迎えてくださる方はいませんか。

先住犬がいるご家庭でも大丈夫な2匹です。

お問い合わせお待ちしております。


※次回は環境省譲渡支援のガイドラインを中心に判定についての資料をご紹介します。

※※お知らせとお願い※※
スペアリブは「富田浜シスターズ」とボラみんなから愛情を込めて呼ばれています。

富田浜公園から来たからです。

実は・・・棄てられたきょうだいが他にも公園にいるそうです。

アニマルボンドは1日も早くかわいそうな残りのきょうだいを保護したいと考えています。

目撃情報では最低2匹はいるようで、保健所も捕獲に動いているそうですが保護には至っていません。

人目を避けるように過ごしていると思われます。

人目と暑さを避け、夜や早朝に食べ物を探したりしているのではないかと思います。

スペア&リブも、とても痩せていました。

残念ながら私たちは土地勘がありません。

保護に協力いただける方はいませんか?

少しずつ餌付けや馴らすなどといった方法があります。

情報をお持ちの方がいらっしゃったらお知らせください。

よろしくお願いいたします。  

Posted by アニマルボンド at 18:25Comments(0)レスキュー報告

2016年06月30日

仔犬再び

お久しぶりです。

預かりボラRです。

昨10月から連続で特命についています。

10月半ばのこと、高鍋のビーチのトイレで段ボールに入れられた生後3週間ほどの仔犬3匹が保護されました。

夜は冷え込むようになった10月・・・低体温や脱水や低血糖も簡単に起こす月齢、カラスに襲われる危険もあったでしょう。

最近、犬猫の遺棄が多発していますが、なんと浅はかなことかと思います。

よちよちの3匹を一生懸命お世話しました。



こんなビジュアルから「サトイモズ」とボラ仲間から呼ばれた3匹はすくすくと育ち・・・



こんなにかわいく成長し、新しい家族のもとへ巣立っていきました。

そして5月末にアニボンは、人間のエゴで生後間もなく母犬から引き離され、高鍋保健所に収容された4匹の仔犬をレスキューしました。

スタッフさんと保健所へ迎えに行ったときには、4匹中3匹は肺炎を起こしていました。

私たちはその足で病院へ向かい、状態の悪い2匹は入院になりました。

入院中見舞うと、目も開いていない、耳もまだ聞こえない、幼い仔犬は酸素室で啼いていました。









退院後はまた、一生懸命お世話をしました。

おかげさまで肺炎も快方に向かい、体重も順調に増え、今日のご報告に至りました。

アニボンは実動スタッフが少なくなり、レスキュー報告のブログができなくなりました。

しかし、必死にレスキューを続けています。

犬のレスキューはストップ中ですが、それでもできる範囲で・・・今までに比べて少ないペースですが成犬や、仔犬もこうしてレスキューしています。

また、レスキューができなくとも命が繋がるよう活動もしています。

猫では体重100gちょっとで棄てられ、雨に打たれて肺炎を起こしていた仔猫たちや、チョビのように針金を巻かれるという虐待を受け、傷ついていた成猫など・・・たくさんたくさん。

そして、そんな犬猫たちを預かりボラで一生懸命お世話しています。

乳飲み子たちは3時間おきの授乳です。

お世話は私たち預かりボラ一同でがんばりますので、みなさまもできる支援をアニボンに送っていただけたらと思います。

こちら↓を参考にしてください。

支援について

支援のお願い

またもちろん、預かりボラの仲間が増えることもうれしいです。

私たちと一緒に預かりボラしてみませんか?

よろしくお願いいたします!

※仔犬たちは生後1ヶ月を迎えました※

2ヶ月以降、ワクチン接種後が譲渡の目安ですが、「先住犬がいて、室内飼いのご家庭」など条件が揃っていれば譲渡可能です。

アニボンサポーターズのFBページまでお問い合わせください。

おおらかなフェイスくん、マイペースなミュリエルちゃん、一番の甘えんぼリュミエールくん、お転婆で乙女なミシェルちゃん

中型以上(10kg以上~)の大きさになると思われます。


  

Posted by アニマルボンド at 16:32Comments(0)レスキュー報告

2015年04月04日

とっとレスキュー

3月11日日南保健所よりレスキューしました。



ドッグ愛ランドの備考欄には「畑に蹲っていた」とあったコです。

継続的にキャパがいっぱいで苦しい状態ですが、このコを先日失ったスワンと重ねずにはいられませんでした。

スワンの顔がず~っと頭に浮かんでいました。

かなり高齢です。



ノミダニとその糞が体中にびっちり、フィラリアは陰性、適正体重は6kgほどと思われますが4kgしかありません。

毛並みがふわふわなので目立ちませんが、全身骨が浮き出ています。

2日目



レボリューション・フロントラインをして、やっとお風呂。



視力・聴力も衰えているようですが、一応こっちを向いてくれます。



背骨が湾曲していますが、今のところ歩行時の痛みはないようです。



新入りが受ける洗礼、マチカチェック



マ「ようこそ!」



マ「・・・ばーちゃんね。遊べないじゃん」    失礼なこと言わないの!!!



ちっちゃ~い!チッチをいっぱいする~!と言っていたら「チッチ」と呼ぶようになっていまして(^^;)

名前はとっと、ニックネームはチッチ、チィちゃんです。

よろしくお願いします!

チッチをいっぱいするので心配していたのですが、29日日曜に下痢・嘔吐・食欲減退などの症状が出てしまいました。

検査のための血液採取もなかなかで大変でした。疲れちゃったね。。。



腎臓がかなり悪いそうです。

今週はとても心配して過ごしていましたが、薬が効いてきたのか、ごはんを食べられるようになりました!

横になってばかりいましたが、私を見るとすぐに起き上って近寄ってきます。

初めて抱っこでうとうとしました。





かわいいチッチなのです。

腎臓の回復は難しいですが、穏やかに過ごしてほしいと願っています。

また、この足取りであれば、そんなに長距離を移動したとは思えませんが・・・家族に探してもらえなかったことが残念で悔しくてなりません。

  

Posted by アニマルボンド at 19:30Comments(0)レスキュー報告

2015年02月14日

ぶんちゃん&テオレスキュー外伝

ぶんちゃんを迎えに行った日の事、まずメタルくんへご挨拶。

山茶花がお似合い。



ひまわりの家のみんなにもご挨拶。













お、君の個性的さはアニボン向きかも(笑)



みんなにも早くあったかい春が来るといいねえ~(*^-^*)

さてさて、テオをレスキュー後健康診断で病院での待ち時間のこと。

抱っこした姿を鏡で見つめるスタッフYさん。



「どした??」と訊くと、「ボブの子供のころを抱っこしたらこんなかな~と思って♪」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・よ、余裕があるね"(-""-)"

数日後、ぶんちゃんを迎えに行った管理所からの帰り道のこと。

スタッフYさんがぽつり。

「ぶんちゃんてさ~アニボンっぽくないよね」とけっこうしみじみ言う。

何か懸念!?と「ん?どういう意味??」と訊くと・・・・・「見た目がよ♪」

み、見た目??それだけ??確かにあんまりブチはいませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・よ、余裕があるね"(-""-)"

それから、12日後。

ぺっちちゃんから仕事帰りに寄っていいですかとメッセ。

ぶんちゃんの動画をアップした日。「はは~ん、さては」

仕事終わりの22時過ぎにやってきて、ぶんちゃんとひとしきり遊び、一言。

「ぶんちゃんってアニボンっぽくないですね」

ん???デジャビュ??まさかねと思いつつ、一応訊いてみる。

「どういう意味??」

「見た目♡」とこちらはまっすぐな目で答える。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・よ、余裕があるね"(-""-)"

困窮を極めているというのに、みんな、本当に好きですな~。。。


posted by R  

Posted by アニマルボンド at 01:54Comments(0)レスキュー報告

2015年02月06日

125レスキュー報告

まずは届いた物資のお礼です。

T.Aさまより

ももへーさんを通じて、リクエストを訊いてくださいました。

ついに犬牧場チームみんなの首輪が替えてあげられます!

ありがとうございます!






1月25日レスキューしました。

仮名ぶん(テオ預かりHくんの命名です) ♂ 5歳くらい 18kg



可哀想なことにフィラリア陽性出ました。

でも、心雑音などはなく、無事に去勢手術も終了しました。

人懐こすぎて、飛びつきの点で判定に落ちてしまうかもしれないと情報がありました・・・

飛びついちゃったのかい??ぶんちゃん・・・・・・・判定落ち。

初めて会った時から、とってもフレンドリーなぶんちゃんでした。

最初飛びつかれましたが、1度叱ったらしなくなりました。

抑制もきいています。

とてもお世話しやすいコだと思います。

手強いメンバーの入村の目立つアニボン村に於いて・・・ツキノくんやウィルくんに続いて・・・・・・・フツウ(褒め言葉です)。

私が座っていると、ちょこんと寄り添って静か~にひなたぼっこなんかしてくれます(*´▽`*)

ほのぼのと過ごせるコです。

今週末の譲渡会でデビューです。

ぶんちゃん!とかぶんぶん♡と呼んでください♪



ぜひ、よろしくお願いします。

  

Posted by アニマルボンド at 23:18Comments(0)支援物資・寄付のご報告レスキュー報告

2015年01月27日

1月20日レスキュー報告

1月20日、日南保健所より2匹レスキューしました。

レオン預かりのわんこたん♪さんに付き添っていただきました。

遠路を1人で行くのは不安でしたので、助かりました。

ありがとうございました!

2匹とも去年12月に収容され、期限が切れていました。

「もし・・・ご縁がなければ」と申し出ましたが、一旦は譲渡犬に切り替わりました。

残念ながらご縁がなく、レスキューの依頼をいただきました。

仮名オリヴィエOlivier 10ヶ月くらい ♂

おそらく、猟犬に適さないと棄てられたコです。



全身とてもとても痩せていて、頭蓋も感じられます。

骨格は中型犬ですが、9.4kgしかありません。

栄養状態も悪く、表皮組織も裂傷ができやすい状態でした。

もちろん回虫もいましたので駆除を済ませました。

成長期のフードをしっかり与えていきたいと思います。

フィラリア弱陽性ですが、昨夏の感染ということになりますので、モキシデック通年投与で早期の駆除を目指していきます。

幸い猟犬になれなかっただけあって(嫌味です)、とてもとても優しく良いコです。

抑制がきいていますので、どんな家庭にも合うと思います。


仮名テオThéo 6ヶ月くらい ♂



毛足が長いので目立ちませんが、このコも痩せています。8kg。

性格は天真爛漫。

お母さんやきょうだいと離れるのが早かったのかもしれません。

とても甘えてきますし、世間知らずです。

現在我が家で、更がお母さん代わり、ケイティやアルルから叱られること、タフィから大人の強さを学んでいます。


かわいい2匹家族募集中です!

よろしくお願いします!


posted by R  

Posted by アニマルボンド at 14:22Comments(0)レスキュー報告

2015年01月24日

ふぅ。。。

たくさんの気にかかることに押し潰されそうですが、気持ちをしっかりと活動日記を。

*お礼*

Aさんから寄付をいただきました。

いつもありがとうございます!

*お知らせ*

チャリティカレンダーが予約分をもちまして、完売となりました!

ご協力いただきました皆様、ありがとうございました!

*活動日記*

今週の日曜日、新規のある譲渡会が産声をあげます。

そこに、アニボンにも作って贈ってくださったTさん&Hくんによる迷子札作りコーナーが設置されるそうです。



アニボンマークを使いたいのですがというお申し出を受けました。

アニボンは今回の譲渡会に参加はないのですが、迷子札はとてもとても大切!全頭装着すべき!なので喜んでご提供することにしました。

アニボンっこたちと同じ迷子札を着けたコを街で見かけたりしたらと想像すると楽しみです♪

たくさんデザインがあると思いますが、ぜひアニボンマークをチョイスしてください(^O^)/

このアニボンマークについてご存知ない新規アニボンダーの皆様へご紹介。



こちらのアニボンマークはオフィシャルマークであり、ももへーいち号さんに提供していただいたものなんです。

ももへーさんの絵といえば、みなさん、ほんわかっとしたのをイメージされるんじゃないでしょうか。



最近では『ももへータッチ」なんて呼称がついてます(*^-^*)

でも、私のイチオシなのが、このアニボンマークのような線画です☆

ごまかしがきかない、潔さに魅力を感じるんです。

特に猫あるあるのイラストは大好きです。



と、話がそれましたが・・・1月25日・日曜日はぜひ、11時から13時までの県立阿波岐原森林公園のアニボン譲渡会にまず来る!そしていぬねこ日和の譲渡会へ!とはしごをしてくださいませ!!!

よろしくお願いします!

*おまけ*

アニボン村へ転入犬です。

オリヴィエOlivier



テオThéo



レスキューの様子はまた後日。


*お願い*

ララ、みゆうちゃん、またフェイスブックでみなさまに拡散のご依頼をお願いしている犬など、まだ保護されておりません。

また、宮崎県下、迷子と思われるたくさんの犬たちが収容されています。

どうか、引き続き、あのこたちのことが誰かの目やお心に留まるようご協力をお願いいたします<(_ _)>




posted by R  

2014年12月24日

113レスキュー スピンオフ

Iさまに寄付のお振り込みをいただきました。

いつもありがとうございます!


さて、今日はレスキュースピンオフ。

管理所からレスキュー後、その足で健康診断のため病院に向かいます。

受付では、名前を記入しなければいけません。

でも、出会って数十分のコに名前を付けるというのはなかなか難しいものです。



さて、このコの場合。病院の受付にて。

Rこと私「名前何にします?」

スタッフYさん「ん~~~クロコ(真剣)」

R「黒じゃないけどね(-_-)」

Y「ん~~~イヌコ(真剣)」

R「・・・(-_-)ま、とりあえず、今日だけ!ね!(-_-)」

数週間後のこと。。。(今思えば、油断をしました。。。)

R「名前何にしたと?」

笑いをこらえるYさん。。。いやな予感の私。

Y「オバチャン( *´艸`)」

R「はあ((+_+))???」

Y「呼びやすいとよね(*´▽`*)」

いや、そりゃあ普通に使う言葉だからね。。。

R「・・・ほんっとにそれでいいと"(-""-)"??」

凍る気配を感じてくれたのか・・・

Y「(*'▽')う~んとね~・・・オ~バ?オヴァ?・・・ゥバ?ゥヴァ??」

ひたすら、言い方を工夫してみるYさん

R「・・・いや、言い方変えても(*'▽')・・・」

その時

Y「オバ~チャン?」

いや、そっち延ばしたら、もっと悪くなるやろ。。。

。。。し~ん。。。爆笑

R「・・・もう・・・・・・・オバで・・・・・いいが(T_T)」

というわけで、名前はオバです。

オバちゃん♡と呼んでください。



たくさんなので、名付けはけっこう大変なんです。

ほとんどYさんが決めていますが・・・

私もたま~に付けますが、アシュリー、はちべえ、バトラー、マチカ、金四郎・・・と居残り組を量産中なので、猫の命名は自粛中(^^;)

ももへーさん預かりのコたちはももへーさんにお任せしてます。

今日はYさんの命名コレクションをお送りします。(厳選)

日向保健所からきました・・・日向(ひな)ちゃん



・・・見たまま?・・・アインちゃん、改めアイちゃん(私が、せめて(>_<)と懇願しての改名です(笑)



チャイを飲みながら考えました・・・チャイくん



いぬなのに・・・「くま」くん



イオン近くで保護しました・・・イオンちゃん



白いから?その子さん



と、ハイレベル過ぎる?ウィット??が効いてます。

Yさん、にやにやしながら、うれしそうに発表するんですよね(*'▽')

でも、真面目に?考えるときもあるようで・・・?

ポッシェくん なんかおしゃれ☆



サージュ どっかの言葉で勇敢なって意味らしい☆




☆オバちゃんに毛布寄付支援のお願い☆

オバちゃん、歩けるようになりましたが、まだ颯爽とというわけにはいきません。

特に後ろ足は力が入りにくい状態で、排泄がうまくいかず、敷物を汚してしまうことも多いです。

骨が浮き出ていることもあり、敷物を十分に敷いてあげるようにしていますので、洗濯が間に合いません。

使わない毛布、フリースなどありましたら、オバちゃんに贈っていただけないでしょうか。

もちろん、中古のもので十分です。

物資送付先はこちらです。

880-0835

宮崎県宮崎市阿波岐原町坊ノ下2895-1
アニマルボンド宛

よろしくお願いいたします!




posted by R  

Posted by アニマルボンド at 13:48Comments(0)レスキュー報告

2014年12月17日

覚えていますか?

10月23日ドック愛ランドに掲載されたこのコを覚えていますか?

新富町のビニールハウスの中に倒れている所を通報され、保健所に引き渡されました。



台風の時期でしたので雨風凌ぐ為入り込んだのでしょうか?

収容時は足が麻痺し立ち上がる事ができませんでした。

何日も何日も食べることも出来なかったようでした。

ガリガリに痩せ、やっとのおもいでハウスに辿り着き・・・誰かに発見されて助かるのならどんなに良かったでしょう。

でも、彼女には1週間の命の期限が付いただけでした。

判定合格は絶望的、お迎えや誰かの手が差し伸べられることも残念ながら期待できない。

スタッフYさんはこのコがこのまま処分になることを受け入れることがどうしてもできないようでした。

でも、みなさんご存知の通り、アニボンにはずっと前からキャパがありませんでした。

とても悩んでいました。

もう何ヶ月も、毎週毎週、何頭も・・・何頭もたくさんの命を苦しい思いであきらめる日々を送っていました。

このコには大きな病気があるかもしれない・・・寝たきりのお世話が必要かもしれない・・・

その頃、ゴーくんの病気もわかりました。

私たちには、資金面の余裕もありませんでした。

でも、ゴーくんにみなさんからの支援が寄せられました。

そして、さらに大型犬のララの譲渡が決まったのです。

キャパができたのです。

やはり、判定落ち・お迎え・希望者なし。

レスキュー!

管理所にお迎えに行きました。

ほとんどの場合、ドッグ愛ランドの写真は収容されてすぐ撮影されるため、犬たちも緊張しているようです。

実際お迎えに行って会うと、「写真と違って愛嬌があるね~」とかポジティブな印象を受けることが多いです。

が、彼女の場合は写真通りでした。絶句してしまいました。頭を上げていることさえ、辛そうでした。



下半身の毛は剥げており、筋肉も落ちているため、骨が目立っています。大きな腫瘍が見られます。



ハウンド系かと思っていましたが、ラブ系チョコのようです。



とにかく、心配しながら臨んだ病院の診察。

ノミノミノミ・・・・・・!

小学生の時、仔犬を保護して見た時以来、ノミの大運動会を目撃しました!!

毛の剥げは疥癬ではない!

そして、便検査・・・異常なし!

フィラリアを含む血液検査・・・異常なし!

足の腫瘍は・・・脂肪腫!

激しい脱水によると思われる黄疸あり!!

点滴をしてもらって、たくさんの異常なしの診断をもらい、どっと&ほっとしました。

食欲があることもわかりました。

それでも、心配でみなさんにお知らせすることができないでいましたが・・・

あれから1ヶ月



まだ痩せていますが、毛も生えてきています。





高齢なのは確かなようです。

余生を静かに過ごしてくれたら・・・と願います。

このコは鎖の首輪をしていました。

家族がいました。

でも、探してもらえなかった・・・見つけてもらえませんでした・・・迎えに来てもらえませんでした。

今日もたくさんの犬たちがドッグ愛ランドに掲載されています。

家族を待っています。

迷子になったとき、どうしなければいけないか、知らない人も多い・・・でも、このブログを見てくださっている方は違うでしょう。

どうか、知らない人がいたら教えてあげて下さい。

そして、どうか、ドッグ愛ランドに知っているコがいないか見てみてください!

1匹でも多く、家族のもとに帰れますように。

1匹でも多く、彼女のように「生きて」いてほしい。


posted by Y&R  

Posted by アニマルボンド at 15:30Comments(0)レスキュー報告

2014年12月12日

気合入ってます。

こんばんは。

リスキーの譲渡先から写真が送られてきました。



すっかり愛され家族になったようです。

本当に良かった!

殺処分直前のリスキーを救ったのは、ぺっちちゃんでした。

気合入ってます!

そして、リスキー譲渡の興奮も冷めやらぬ頃、今度はももへーさんが犬をレスキューしました。

仔猫預かりボランティアのももへーさんが犬を!です。

気合入ってます!

ももへーさんがどうしても諦められなかった命がありました。



ドッグ愛ランドに掲載された写真・・・保健所の床にちょこんとお座りしたこのコ。

登録の推定年齢は6歳。

判定は不合格が濃厚。

私たちはたくさんの命を抱え、また、命の重さや責任を知る活動家である以上、レスキューの否定条件と肯定条件をしっかりと列挙する作業をしなければいけません。

ももへーさんも、ご自分の愛猫たちと高齢の愛犬うるんちゃん、それに、たくさんのアニボン預かりの猫たちを思い、悩まれたと思います。

でも、そんな時、最終的にほとんどの活動家さんがするように・・・肯定条件をたくさん探したんだと思います。

レスキューされたこのコは「風太郎」くんという名前になり、ももへーさんの唯一の保護っことなりました。



残念ながら、フィラリア陽性があります。

とてもとてもおりこうです。色々なご家庭に適していると思います。

気難しい?うるんちゃんもなぜか受け入れたようです。



猫たちともこうして程良い距離感を保っています。



フィラリアについては当面、薬の通年投与で駆除をしていきます。

その点について、ご理解いただける方でしたら、譲渡可能です。

アニボンの譲渡会にも登場します。

そして、昨日のこと、ぺっちちゃんがまたまたまた?猫をレスキューしました。

宮崎市収容のこのコです。



気合入ってます!



保健所収容時はがびがびだった目もきれいになって、とてもかわいいおとこのコです。



譲渡会に参加しますので、ぜひ、会いに来てください。

2匹についてのお問い合わせをアニボンでも受け付けております。


お2人は近い存在の活動家さんですが、他にもたくさん個人で活動していらっしゃる方がいらっしゃいます。

1匹、2匹とできる範囲でレスキューし、譲渡するという活動をしていらっしゃる方がいます。

みなさん、気合入ってます!

本当にリスペクトと感謝です。

1人が1年で3匹救う、2人なら6匹、3人なら9匹、4人なら・・・5人なら・・・

その輪が広がれば、殺処分数を確実に減らすことができます。

私たちも「がんばんないと!」と触発されて?気合を入れ直し!!

Yさんは高鍋保健所へ猫をレスキューに走り、これまたシャムをレスキュー





少しがびってた目も問題なさそうです。なかなか愛嬌のあるお顔です。



私は犬のレスキューをと保健所に連絡しましたが、幸い、犬は引き取り手があったそうでした。

結果、私だけ気合が空回りした形(T_T)

なので、せめて!と気合を入れてブログと格闘しました。

追伸;そんな気合の入ったアニボンのボランティアさんたちが大好きです。

    これからもよろしくお願いいたします!


posted by R  

Posted by アニマルボンド at 00:10Comments(0)レスキュー報告

2014年08月20日

戯言。

こんばんは。

アルル。

最近では、スタッフやボランティアさんといった譲渡会のいつものメンバーにかわいがってもらっています。

アルルもみんなには笑顔で近寄っていくようになりました。



この日はぺっちちゃんが「今日のアルル、アンジェリーナ・ジョリーに似てる」とか言い出しまして。。。

2人で「アルルジェリーナ・ジョリー」と呼んで遊んでいました。

隣にブラッド・ピットを探しましたが。。。程遠い。。。。。。タフィがいました。

この日もぴょ~んぴょぴょ~んと飛び回っていました。写真が撮れない。

暑いんだからゆっくりしてればいいのに(;一_一)





憎めない、かわいいやつです!!!


高鍋保健所からレスキューしました。

このコのレスキューは間一髪でした。



残念ながら、宮崎市以外の保護情報を網羅することは難しいです。

そして、網羅できたとしても、レスキューできない現実との苦悶があるのみです。

できることを確実に積み重ねていくしかないのですが。

先週まで宮崎市の保護情報にはたくさんの犬が掲載されていました。

怪我をしたり、何らかの病気の症状があったり、高齢であったり・・・判定に合格することはほぼ不可能だと思われる子も多くいました。

これは、みやざきドッグ愛ランドでも同じです。

今、私は宮崎を遠くはなれています。

毎日宮崎市保護情報とドッグ愛ランドはチェックしています。

どうにもならないのに。

「なぜこの子たちはここに載ってるんだろう。」

「なぜ1週間後に死ななければいけないのだろう」

「私が宮崎に戻ったときには、もうこの世にはいないのだ」という思いに支配されています。

遠くに在りて、より一層想ってしまうのでしょうか。

県内の保健所に収容されている犬猫は、1週間の保護期間を過ぎれば、どなたでも家族として迎えることができます。

犬でも、仔犬から老犬、また小型犬から大型犬まで幅広く収容があります。

みなさん、家族に迎える犬猫に希望をお持ちだと思いますが、きっと心惹かれる子に出会えるはずです。

今までに保健所からの譲受経験が無く、不安な方がいらっしゃいましたら、ご相談も受け付けます。

一度考えてみられませんか?

どうか、よろしくおねがいいたします。


posted by R







  

Posted by アニマルボンド at 06:12Comments(0)譲渡会情報レスキュー報告

2014年07月28日

迷子猫です!!!

7月20保健所譲渡会後保健所近くで保護しました。
首輪がたすき掛けになっていました。
かなりお腹を空かせていました。
情報によりますと
7月初め位から保健所近くにいたようです
この近辺のお家から迷子になったのか?
捨てられたのか?
ピンクの水玉ビニール製鈴付きの首輪をしていました。
飼い主さん見つかります様に

猫に首輪は大変危険になる場合もあります
マジックテープで
すぐ外れるような物や、安全性に気を付けてもう一度確認してあげて下さい






posted by Y  

Posted by アニマルボンド at 22:59Comments(0)レスキュー報告迷子犬・猫

2014年07月13日

レスキューしました。

先月、判定落ちの
4匹レスキューしました。

ジョーくん



車に自分からひょいと乗ってきます
チェーンの首輪をしていました

人間にとても馴れています。
高齢だから捨てられたのでしょうか?
保護して血尿が続いていました
診察の結果前立腺肥大で去勢手術で改善されました。

ビーグル系、ティグくん



この子はネロくんと同じ場所
二匹で保護されました。
チェーンの首輪
同じ所で飼われていたのでしょう
管理所では別々に
留置されていました。
離れて心細かったことでしょう

レスキュー後お互い嬉しそうに
じゃれあっていました。
一緒にレスキュー出来て良かった

ネロくん



管理所では元気がない様子でした。

レスキュー後
真っ赤な血尿で
急性フィラリア症
とわかりました。
すぐに緊急オペ
オペも相当危険なものと説明をうけましたが何もしなければ確実に死が待っています
頚静脈からフィラリア成虫の釣り出し術となりました。

無事に終わった連絡が来るまでとても
とても心配でした。
かなりの数のフィラリア成虫は血管に絡まり全部を無理に取ること出来ませんでしたので観察が必要です。



せっかくレスキュー出来たのにフィラリアで命を落とすところでした。

ジョー君(弱陽性)
ティグ君
ネロ君
フィラリアの予防もされること無く
用が無くなったので捨てられたのでしょうか
三匹共とても性格の良い子達
これからの犬生
当たり前の飼育をして楽しく過ごせたらいいな

最後はアインちゃん(笑)
もとい、あいちゃん



一度見たら忘れない顔立ちです(笑)

かなりの受け口です

ぺっちちゃんや
代表はカワイイカワイイと
大のお気に入りです

2ー3歳位
とても人馴れしています。

レスキューを待っている子達はまだまだ沢山います
残念なことに私達がレスキュー出来るのはタイミングです
保護場所がある時
保護させていただける場所がある時です

今回も保護させていただける場所があったからレスキュー出来たのです
(お世話はアニボン)
どうか気になる子がいましたら命を繋いで頂けたらと思います。

posted by Y  

Posted by アニマルボンド at 23:05Comments(0)レスキュー報告

2014年06月05日

三毛猫レスキュー

先日、レスキューした三毛猫ちゃん
預かりをつちねこさんが受けて下さり
ご飯を全く食べなく
病院に行って下さったり、色んなフードを試したりと一生懸命お世話して下さっていました。

保護された場所近くにチラシを貼って頂きました所
飼い主さんから連絡がありました。

居なくなった時は迷子札をしてたそうです

4月初めに居なくなり
5月初めに保護されました。
1ヶ月放浪していたのでしょうか?

無事飼い主さんの元
に戻れて良かったです

Y.Tさま

保護情報を見てから気になっていたと寄付をくださいました。

ありがとうございました。

三毛猫ちゃんのことを気にかけてくださった皆さん有難うございました。




posted by Y
  

Posted by アニマルボンド at 12:08Comments(0)レスキュー報告

2014年04月23日

ツキノくん

ツキノくんのレスキュー報告です。

つくしくんを元の飼い主さんにお返しし・・・気になっていたこのコをレスキューしました。



2~3歳 15kg フィラリア陰性 

先々週、去勢手術を済ませました。

ドッグ愛ランドには「しっぽを振って近づくが、触ろうとすると逃げる」と書かれていました。

予想通り、判定不合格。

木城町で保護されたこのコ。

実は、現在ひまわりの家にいるとーさんというコと一緒にいたそうです。

2匹で捨てられたのかもしれません。

1匹は合格、1匹は不合格。。。皮肉なものです。。。

ドッグ愛ランドという情報サイトが設置され、内容を見ても、以前に比べ写真も工夫して撮っていただけるようになり、コメント欄もで多くの情報が表記されるようになりました。

しかし、そこは人間のすることです。

ミスもあります。

雄雌の間違い(おそらく入力段階でのミスでしょう)、年齢の見誤りなどがあるのも事実です。

ツキノくんのドッグ愛ランド掲載時の年齢表記は「7歳」でした。

逃げる様子があったので、歯などしっかり見ることができなかったのかもしれませんが、とても残念な間違いです。

愛犬・愛猫が迷子になってしまった・・・犬猫を新しく家族に迎えたい・・・と利用される皆さんは過信することなく、写真を持って出向いたり、性別・年齢のみに頼らないといったきちんとした問い合わせをお願いします。



さて、ツキノくんですが、男性を怖がる様子があります。

前飼い主さんが男性でたたかれたりしていたのかもしれません。

迷子犬を捕獲したり、判定を行ったり、管理所を担当するのは男性が多いので、ツキノくんにとっては負の要因が重なってしまったと言わざるを得ません。

センターができた際には、これらの問題が改善されることを・・・きっと改善される!と期待しています。

ツキノくんはとても爛漫。

ほかの犬とも仲良くできます。



どなたかエピソードを知った方が、とーさんくんと2匹で迎えてくれたりしないかなあと思ったりもしますが・・・

今は2匹とも十分楽しそうに過ごしているので・・・・

そのような感情は”人間的な感傷”に過ぎないのでしょう。。。

ツキノくん、超おススメです。

飼い主さん募集中~

譲渡会にもじゃんじゃん参加しますので、よろしくお願いいたします!!!

ツッキー、または、つきのんと呼んでみてくださいね。
  

Posted by アニマルボンド at 11:46Comments(0)レスキュー報告

2014年04月16日

日向ちゃん

4月4日
日向管理所からレスキューしました。

ドック愛ランドの保護情報では、骨折
脱却の疑いとありました。
日向保健所に問い合わせると、骨盤がずれ、ひどく骨折しているかもしれない…歩くことは一生無理かも…ご飯も全く食べず…皮膚にもかなり大きな傷があり、壊死してきている…今はとても動かせる状態ではないとのことでした。

でも1日でも早く手当してあげないと…という思い、でも平日は仕事…日向までは行けないと躊躇もあった中、延岡のI さんがお迎えに行って下さり、手当してあげることができました。

本当に助かりました。

状態を見た所、足はパンパンに腫れ、
傷も大きく、広範囲の縫合が見られました。
レントゲンでは、やはり骨盤がかなりずれ、骨は砕けていました。
おそらく、車にはねられ、さらに車が上から轢いたのだろうということでした。
傷の具合を診てから、骨折の手術の予定でしたが、問題がありました。
皮膚の壊死が進み、感染症の危険があったのです。
まず毎日壊死していく皮膚の消毒を頑張っています。
感染症に負けずに残る組織を見極め、
大きく壊死し無くなった皮膚は状態が落ち着いたら皮膚移植します。
骨盤の骨折は悪化しないよう両脚を固定しています。

まだまだ入院生活は続きそうです。
毎日、毎日相当な痛みだと思います。
両脚を固定され、寝たきりの入院生活を送っています。
後遺症が残るかもしれませんが…或いは、また歩けるかもしれない…
もう一度この子が歩けるよう出来る限りの治療をしたいです。
費用はアニボン史上最高額になるでしょう。
皆様のご支援ご協力頂けたら助かります。
どうか宜しくお願い致します。

この子の名前は日向(ひな)ちゃんとつけました。
ひなちゃんがまたお日さまに向かって歩いていけるように…願ってます。
一枚目の写真はドック愛ランドの保護情報よりお借りしました。

  

Posted by アニマルボンド at 21:51Comments(0)レスキュー報告

2014年04月09日

つくしくん、元い・・・コスくんことコスモスくん

3月16日にレスキューしたわんこのお話。

怖がりなところとそれに付随する問題で判定に落ちたと思われました。

車は苦手なようで、というか慣れていないようでしたが、病院でも問題なし。



こんな笑顔?が出るほどでした。



とにかく可愛い。



家に帰ってみんなとご対面。

ケイティチェック。



更チェック。



ダブルチェック。



名前は新スタッフのYちゃんが「つくし」くんと付けてくれました。

が、翌17日のこと。。。

保健所から「飼い主さんがわかった」との連絡がありました。

名前はコスモスくん。ご家族はコスくんと呼んでいるそうでした。

「良かった!!!」と喜んだのも束の間、怒り心頭でもあり、悲しくてたまらなくなる出来事がありました。

「絶対渡すもんか!」という考えに支配されきった私。

でも、私たちはいつも犬や猫の代弁者であり、彼らの目線で物事を見る努力をしなければいけません。

心を落ち着けて目の前のコスくんを見れば・・・見れば、愛情豊かに育てられたことが瞭然のコスくんがいました。

とにかくお話をしたいと思い、21日にコスくんを連れて伺いました。

色々お話し、納得し、お返ししました。

家族にリードを渡した瞬間、コスくんは一目散におうちの方へ駆けていきました。

犬ってね。。。

ホントに純粋です。

人間の私からすると悲しいくらい、純粋。

だから、裏切らないでほしいんです。

お願いですから。

市の保護情報もドッグ愛ランドもまたたくさん。

首輪の無い子もいます。

迎えに行ってあげてください。

みんな待ってます。

彼らはもう自分で帰ることができない。

自分のことを言葉にすることもできない。

だから、迎えに行ってください。探してください。  

Posted by アニマルボンド at 00:06Comments(0)レスキュー報告

2014年02月12日

4組の親子猫

レスキューストップをしていますが、それでも預かりボランティアさんたちには同一の猫の預かりが長期になるという大きな負担をおかけしています。

今年は地域猫への働きかけも行っていきたいと瞳としっぽの抱負でも述べました。

こんな時は地域猫への活動を行おうということになりました。

保護してもリリースすることがなかなかできませんでしたが、状況を見極めてリリースを行っていきたいと思います。

一般的にはリリースといっても、安全な場所に返し、また見守り・餌やりボランティアさんがいる状況で行われていることが多いようです。

アニマルボンドではこういった問題のクリアもこれからですが、少しずつ取り組んでいきたいと思います。

この親子たちまでは保護となります。

1組目

その子さん



花穂ちゃん



この2匹ははFIV陽性が出ました。

FeLVのエルくん、ポニョちゃん、FIVのほのかちゃんのようにご縁は難しく、スタッフの手元に置くことになりますが・・・

FIVキャリアの猫を飼っているお宅でお友達を受け入れて下さる方があることも期待しています・・・


2組目

くれは母さんとクロエちゃん



ポッシェくん




3組目

おかあさん



むすこくん



親子ではないようですが、一緒にいた茶とらくん



この子はヘルニアを発症し、レスキューが遅れたら危ない所でした。

緊急オペを行い、経過は順調です。


4組目は先日保護したトメさん、グレくんです。

地域猫への取り組みはとても難しいです。

自然へ手を加えることは大変なことだと実感しています。

もし、1匹の雌猫が避妊できず残るようなことがあれば、その雌はたくさんの雄の対象となり、また雄同士の争いも激化することも考えられます。

本気で、覚悟を持って、徹底的に取り組まなければいけません。

このようなリスクを含みながらも、元を断つという取り組みもまた不可欠です。

猫の殺処分数の多さは緊急を要すると感じます。

避妊には3万円ほどかかります。

この取り組みに賛同いただけるみなさまからのご支援もお待ちしております。

よろしくお願いいたします<(_ _)>

地域猫への支援とお知らせいただけましたら、頂きました寄付を避妊費用として充てさせていただきます。


アニマルボンドでは、一般の方々へのご協力もしていきたいと思っています。

地域猫に対し、何かしたい、何かしなければと思ってはいるけれど、独りで捕獲をすることは不安で躊躇していらっしゃる方がいらっしゃるはずです。

ぜひ、ご連絡ください。

捕獲器の貸出、また、経験がない方も多いと思いますので、捕獲の付き添い・保護のご指導などさせていただきます。

決して少額ではない避妊費用がかかりますが、ぜひ、力をお貸しください。

よろしくお願いいたします。
  

Posted by アニマルボンド at 13:22Comments(2)レスキュー報告